紙袋と侮れない秘められた力

紙袋の印刷のあれこれ

世の中には多くの紙袋が存在します。おしゃれな袋に入っているだけで、その中の物のレベルが上がって見える不思議なツールです。紙袋には様々な印刷がされています。本当に多くの種類が存在します。その中から一部紹介したいと思います。
まず、取手のついた丈夫な紙袋。このタイプは割と規模の大きなお店で使用されている事が多いです。そのお店のロゴマーク、ブランドロゴなど遠くからでもそのお店の商品だなと分かります。紙袋も一つの宣伝ツールとしてロゴが目立つように印刷されています。有名ブランドの紙袋なんかだと、何かに使えそうで取っておく人も多いですよね。オークションなどでは中古の紙袋が売買されています。そこからも紙袋の需要が高い事が伺えます。
最近はハンドメイドがブームなので、イベントやフリーマーケットなどで、自作の小物を販売している人も多いです。その自作の作品を入れる紙袋にも、こだわりを持っています。そのようなタイプの人はまずナチュラルな紙袋を使用します。無地のシンプルな紙袋に自作のハンコでスタンプが押してあったり、手書きのイラストが印刷されたりと、自分好みにアレンジしています。かわいい紙袋で小物を入れてもらうと、その作品もより一層ステキに見えます。ただの紙袋だと思われがちですが、印刷の力ですごいパワーを持つツールになります。

オーダーメイド紙袋に使うクラフト紙の種類

「紙袋」と一口に言ってもその使われる用紙には多くの種類があります。オーダーメイドの紙袋を作るに当たって紙の種類を知っておくことは大切なことになります。なぜならどの紙を使うかにより印象や強度が変わるためです。その中で紙袋にもっともよく使われる紙は「クラフト紙」の種類をご紹介します。
クラフト紙とはパルプから作る強度の高い紙です。ご存知の方は茶色のものをイメージされるでしょう。この茶色のものは「未晒クラフト」と呼ばれます。原紙のままのクラフト紙で、素朴ですがデザイン次第でお洒落な雰囲気にも仕上がります。未晒クラフトを白く晒したのが「晒クラフト」といいます。白いクラフト紙で、若干ぼけやすく和風な印象に仕上がります。またカジュアルな印象も受け取れます。未晒クラフトを半分だけ晒したものは「半晒」と呼び、薄い茶色で優しいナチュラルな印象を与えます。そして最後に「片艶晒クラフト」。晒クラフトの片面を光沢加工したもので、未晒クラフトや晒クラフトにはない艶があります。また色の再現性が高く、一般的に紙袋に使われる事の多い紙の種類です。
今回は紙袋に使われるクラフト紙に焦点を置いてご紹介しましたが、他にもコート紙なども一般的によく使われます。オーダーメイド紙袋作成の際の参考にしてくださいね。

contents

  • 注目を集める小さな広告塔の紙袋

    紙袋を印刷する値段と使用例 紙袋に自作のイラスト、ロゴマークを入れることができ、宣伝や自分用と…

    » 続きはコチラ

  • コミケのためのオーダーメイド紙袋

    今だからやりたい!オリジナル紙袋の魅力! 皆様はオリジナル紙袋と聞いて、どのような物を想像しま…

    » 続きはコチラ

  • 紙袋と侮れない秘められた力

    紙袋の印刷のあれこれ 世の中には多くの紙袋が存在します。おしゃれな袋に入っているだけで、その中…

    » 続きはコチラ