紙袋の印刷方法とデザインは重要

紙袋の印刷方法にはどんな種類がある?

紙袋を人が使っているところを見かける事って結構ありますよね。形から色からデザインまで多種多様な紙袋がありますが、そんな紙袋の印刷方法にもいくつか種類があります。それを、これからご紹介していきたいと思います。
【オフセット印刷】オフセット印刷は、紙袋の印刷に最も使われている印刷方法です。印刷機の進歩により、カラー印刷の品質が他の印刷方法より優れていて、複雑な色合いやデザインの紙袋を印刷するのに向いています。紙袋だけでなく、ポスターや書籍などの紙の媒体にもよく使われていますね。また、オフセット印刷には輪転印刷機と枚葉印刷機があり、大ロット向けか小ロット向けかで使い分けることがあります。
【フレキソ印刷】フレキソ印刷は、単色で印刷するので表現が限られますが、印刷のコストを安く見積もれるので、大量生産する場合に使われる印刷方法です。デパートや全国チェーンのお店で多く採用されています。ゴム版による印刷を行うので、凹凸のある紙にも印刷することが可能です。
【グラビア印刷】グラビア印刷もフレキソ印刷と同じく、コストパフォーマンスに優れた印刷方法です。印刷に使う版が高価ですが、印刷代は安いので大ロット向きです。さらに、グラビア印刷はフィルムに印刷することが出来ます。お菓子の袋などはこのグラビア印刷が使われています。

他社と差をつける紙袋オーダーメイド

商品が売れるときそれを入れる袋、これは意外に重要な要素です。お客様が持ち帰るときに他の人の目にもとまりますし、再利用する方もいらっしゃいます。それが意外と宣伝効果があったりするものです。変わったデザインであれば、さらに注目を浴びることが出来るかもしれません。特に紙袋であれば、捨てられることも少なくそれが他社との差をつけるチャンスかもしれないのです。
しかし、自分自身でオリジナルの紙袋を作るのは難しいものです。デザインや形、素材など素人では分からないことが沢山あります。そんな時は紙袋の専門業者に頼むのが一番です。専門の業者であれば、シーンや会社にあったデザイン、大きさなどを提案してくれます。また、大量発注にも対応可能です。業者によっては特殊な技術を持っており、表面加工に工夫を加えることもできますし、デザイナーが所属している業者なら、あなたのあいまいなイメージもきっと形にしてくれることでしょう。
業者を探すにはネット検索がお勧めです。今は地元の企業でなくてもメールだけで発注や相談もすることが出来ます。業者のホームページには画像が豊富にあり、大手企業からの実績も確認することが可能です。オリジナルの紙袋であなたの会社の他社との違いを見せつけましょう。

contents

  • コミケのためのオーダーメイド紙袋

    今だからやりたい!オリジナル紙袋の魅力! 皆様はオリジナル紙袋と聞いて、どのような物を想像しま…

    » 続きはコチラ

  • 紙袋と侮れない秘められた力

    紙袋の印刷のあれこれ 世の中には多くの紙袋が存在します。おしゃれな袋に入っているだけで、その中…

    » 続きはコチラ

  • 注目を集める小さな広告塔の紙袋

    紙袋を印刷する値段と使用例 紙袋に自作のイラスト、ロゴマークを入れることができ、宣伝や自分用と…

    » 続きはコチラ