注目を集める小さな広告塔の紙袋

紙袋を印刷する値段と使用例

紙袋に自作のイラスト、ロゴマークを入れることができ、宣伝や自分用として使うことができます。そんな紙袋に印刷する時にかかる料金は一枚約30円から行うことができます。印刷の範囲を広げてもかかる値段は約180円程で、一枚にかかる値段が500円を超えることはまず無いです。大量に頼めば頼むほど安価になるので、一度にたくさん頼むことで費用を抑えることが可能です。
白黒ではなく勿論フルカラーの値段なので個性を前面に出した紙袋も作ることができます。触った感じ凸凹せず、なるべく業者に頼むことで綺麗な仕上がりに完成します。自宅で紙袋に印刷しても形が崩れたり思うようにいかないことが多いです。ですが信頼のある業者にお願いすることで、素早く印刷に取り掛かってもらえる他、満足のいく完成品が誕生します。使用例は自社のブランドを宣伝、個人用、無料で配るなど様々です。
交渉次第サイトに表記された作成値段より安価に承ってくれることもあるので、問い合わせを行うことでよりお得にオリジナル紙袋を完成させられます。シンプルな紙袋にワンポイントの印刷を行うことで、より映え、丈夫な素材のものを選べば繰り返し何度でも利用することができます。

紙袋はイラスト入りオリジナルも可能

街なかではよくイラスト入りの紙袋を見かけます。どこでも見たことのない動物イラストが入っていたりして、あんな感じのをうちの会社でも作りたいけど、イラストはどうすればいいんだろう?と疑問に思いませんか。紙袋のオリジナルイラストは、自分や社内の人が描いたものを使うことができるんです。オリジナルイラストを業者に渡して、紙袋をオーダーメイドで制作した結果が、街なかで見かける紙袋となるのです。
イラストのある紙袋を採用することになれば、会社やイベントの宣伝効果とインパクトが大きくなるわけですが、その分お金を掛ける必要性もでてきます。社内でイラストに自信がある人に任せるという方法は、お金をかけなくて済みますが、どうしても正確で納得の行くものを作りたい場合には、プロのイラストレーターにイラストを発注するという方法があります。
その時にイラストは大雑把でもイメージを伝えるために、自分で描いたものをメール送信などすると、より確実にイメージに近いものが完成します。完成したイラストは紙袋のオーダーメイド業者に渡して、紙袋の制作に入ってもらいます。その時にはイラストのほか、紙袋全体の色や大きさや材質も、オーダーメイドで自在に決めることができます。

contents

  • 注目を集める小さな広告塔の紙袋

    紙袋を印刷する値段と使用例 紙袋に自作のイラスト、ロゴマークを入れることができ、宣伝や自分用と…

    » 続きはコチラ

  • 紙袋と侮れない秘められた力

    紙袋の印刷のあれこれ 世の中には多くの紙袋が存在します。おしゃれな袋に入っているだけで、その中…

    » 続きはコチラ

  • 紙袋の印刷方法とデザインは重要

    紙袋の印刷方法にはどんな種類がある? 紙袋を人が使っているところを見かける事って結構ありますよ…

    » 続きはコチラ